ファミリーレストランのキッチン

高校生の3年間ガストでキッチンでバイトしていました。大阪の商業施設の中の店舗で平日は商業施設自体が閑散としておりお客さんも少な暇でした。しかし、土日やGWなどになるとイベント会場にアーティストが来たり大型イベントを開催していたりなどするためお客さんの待ち列が店舗の外まで続くほど混雑していました。そのため、忙しい時と暇な時の差が激しく入りたての頃は店長に覚えが悪いと何度も怒られ、帰れ!と怒鳴られることもありました。行くのも辛くなりバイトの事を考えるとお腹が痛くなるほどでした。何度も辞めたいと思いましたが先輩方がとても優しい方ばかりで同じ事でも何度も優しく教えて下さり、忙しい時はフォローしてくれたりなどして下さり、何も返せないまま辞めていくのは嫌だと思い頑張って続けました。こうした環境であったため長続きするバイトの方は少なく高校三年生になった店舗で2番目にバイト歴が長くなっていました。気づけば教える立場になり後輩をフォローする立場になり、最初の頃は覚える事が多すぎて続かない、辞めたいと思っていたバイトがとても楽しくバイトの仲間たちととても仲良くなり高校を卒業する時にバイトも辞めることになりみんなからプレゼントをもらい、送別会も開いてもらい3年間辛いこともとても多かったですがそれ以上に楽しかったことが多かったことに気づきました。私にとって最初で最後のアルバイトでしたがこれ以上に良い職場は無いと思いました。今でもあそこでもう一度働きたいと思うほどです。優しくしてくださった先輩には今でもとても感謝しています。良い社会勉強にもなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です